青背景

診療内容

各治療について

青ドット線

診療内容についてご紹介しております。

一般眼科

視⼒の低下や⽬の充⾎、かゆみ、涙⽬などの症状がありましたらご相談してください。
老眼・眼精疲労・アレルギー疾患・結膜炎・ドライアイ・眼瞼下垂・ものもらい・霰粒腫・飛蚊症などの診療をしております。

白内障

白内障とは、目の中にある水晶体が白く濁ってしまう病気で、白っぽくかすんで見える・光がまぶしく感じるなどの症状があらわれます。
当院では日帰り手術も行なっております。

緑内障

緑内障は、視神経に障害が起こり、見える範囲が狭くなった・視界が欠けている気がするなどの症状があります。
一般的な緑内障は、自覚症状がないまま病気が進行していることが多く、治療が遅れると重篤な視野障害に至ることもあります。

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症とは、糖尿病が原因で網膜の細い血管が損傷し、視⼒が落ちてきた・視界がかすんで⾒える気がするなどの症状が出ます。
自覚症状がないことが多いため、特に糖尿病の人は、定期的に検査を受けることが大切です。

加齢黄斑変性

加齢性黄斑変性とは、加齢とともに、網膜の中心部にある黄斑がダメージを受ける病気で、中⼼に黒い影が⾒える・中⼼だけが歪んで⾒えるなどの症状があらわれます。
萎縮型と滲出型の2種類があります。
当院では3次元眼底像撮影装置を使用し、短時間で網膜や黄斑の状態を詳しく調べることができます。

網膜静脈閉塞症

網膜静脈閉塞症とは、網膜の静脈が詰まっている状態で、網膜の血管が広がったり、蛇行したり、出血したりして、急に視力が落ちた気がする・かすんだり視野が欠けて見えるなどの症状が出ます。

小児眼科

お子様の眼の疾患は弱視、斜視、遠視などがあります。
お子様の眼に関するお悩み、少しでも気になる点がある場合は、早めに眼科医に相談することをお勧めします。

近視の進行抑制

近視とは、目に入ってくる光線のピントが、適切な位置ではなく網膜の前であってしまう状態で、近くははっきり見えるのに、遠くはぼやけて見える症状が出ます。

近視進行を抑えるための治療として、アトロピン点眼やオルソケラトロジーの治療などを行なっております。

眼鏡・コンタクト

「よく見えて、疲れない」を基準に、患者様のライフスタイルや目の特徴にあった眼鏡を処方することを心がけています。
当院で取り扱っているレンズのご紹介や処方の流れについてはお気軽にお問合せください。

眼科ドック

眼科ドック(アイドック)とは、『眼』に特化した健康診断です。自覚症状が出たり、進行するまで気づかない眼の疾患も多くあるため、早期の発見・治療が重要になります。
完全予約制で、11項目の検査をご用意しております。

その他、オルソケラトロジーのご相談も承っております。